ピスコのブログ

ヘナアート・ジャグアタトゥーを中心に埼玉県で活動中。イラストや壁画にもチャレンジ。自分にできる事で小さな幸せを探す事を目指しています。

ヘナアートってなに?

優しい肌に馴染む色がいい。

ヘナの香りに癒されたい。

デトックス効果を感じたい。

アートされる時間を楽しみたい。

祈りをアートにしたい。

お守りにしたい。

 

そんな方におすすめです。

 

ヘナという亜熱帯の植物の葉をペーストにして肌にペイントするアートです。

・肌の表面が茶色に染まります。
・描いてから、オレンジ色、赤茶色、茶色と徐々に濃くなり2日目が色のピークです。
・1~2週間かけて新陳代謝と共に消えます。
・染まった場所は日焼けしません。
・ヘナアレルギーをお持ちの方には施術出来ません。

 


f:id:nutaan8pissco:20170411224637j:image

◎ヘナの歴史◎

歴史は古く3,000~4,000年前からインド、中東、北アフリカなどの地域で愛され、伝統文化として伝えられています。

また、近年では消えるタトゥーとして、欧米や日本でも愛されています。

 

ヘナはインド、中東、アフリカなどの乾燥した熱帯地方で育ちます。

暑さの厳しい砂漠の中で育ったヘナは逞しさ、エネルギッシュさ、バイタリティと生命力にあふれた植物です。

 

花はオイルや香水として、葉は日焼け止めや抗菌、殺菌、やけど、熱、頭痛、不眠、不妊、老廃物の排出、皮膚病などへ効果があるために薬剤として使われてきました。

また、髪の毛のトリートメントや染色、爪のマニキュアかわりに使用されてきました。

 

◎ヘナアートの姿◎

祈りや願い事、お守りなどの要素が強く、消えていく間に願いが成就していくと言われています。